感動プロポーズが結婚生活を上手くこなす最初の登竜門です。

2016.07.19
みっちゃまん
2人で手作り結婚指輪

付き合いだして、何となくプロポーズをして結婚された方と、ちゃんと考えてプロポーズした場合とは、結婚生活も大きく変わってきます。

 

結婚生活を少しでも快適に過ごしたいなら、男性諸君は、プロポーズする時に、この人と結婚したい意思表明と、感動サプライズを考えてみましょうね。

 

ほんの少しの事でも必ず良くなります。面倒臭がらないで、最後まで読んで、出来そうなことは実行してみましょうね。

結婚する意味

先ず結婚をイメージする時に、相手の性格や考え方を思い出しながら、自分との比較をするはずですね。

あれこれイメージしながら、そんな時はどうだろう?とか、こんな時はどうだろう?とか・・・これを疎かにして、好きの感情で結婚して上手くいく人は本当に稀です。

結婚する相手と何から何まで同じ考え方なら良いのですが、中々環境の違う2人が一緒に生活する中で、様々な食い違いが出てくるのが当たり前なのです。

 

結婚する意味は、2人が家族になってお互いを更に高め合うと云った自己成長にあります。

この意味をキチンと理解しないとイケませんよ。

 

昔は家族を増やし、一族を繁栄すると云った感情無視の考えでの結婚もありました。

勿論、家族と家族の結びつきの代表が2人な訳ですから、両家の代表としての結婚なのですが、核家族化が進み、家族や親戚との繋がりも薄らいで見える社会ですが、せめて2人の家族からは笑顔が絶えない家庭にしていきたいですよね。

 

悪い事も含め、相手を理解し、お互いが切磋琢磨しながらも人間的に成長をしていくのが結婚です。

その重要な役割を果たすのが子供の存在でもあるのです。

2人で手作り指輪

幸せの記憶を残す

悪い事ばかりが目につき、残念な事に良い事も同じバランスで起きてるはずなのですが、悲しいかな悪い事の方が心に刻まれてしまう傾向が現代社会に暮らす人にはあります。

 

一日が無事に暮らせた事も良い事だと思うのですが、もっと強烈な良い事の印象が必要なようです。

結婚に向けるスタートはプロポーズです。

 

このプロポーズの印象が無いとか薄いという人も本当に多い事に驚きます。言葉でのプロポーズも強い印象がないと薄れてしまうのです。

 

幸せの記憶を強く心に刻むには強烈な何かが必要なのです。

 

アトリエ花風里では、プロポーズの言葉と共に直筆の手紙を書くことをお勧めしてます。想いを込めた手紙は、行間に至るまで感情を伝える事ができるからです。

 

言葉は『結婚しよう』だけでも良いのですが、一緒に手紙を渡す事を断然お勧めしますね。

何時までも残るモノになりますし、それを書く覚悟は必ず伝わります。

強烈な印象に残るのです。

決して、メールや電話で伝える事のない様に注意しましょうね。

 

経済的な理由からか、婚約指輪を渡さない人も居るみたいですが、金額は別にしても渡せるモノなら渡したいですよね。

結婚の時ダイヤモンドを贈る意味

 

ダイヤモンドには結婚する覚悟の意味が含まれているからです。

その婚約指輪を渡す時に、それが手作りである事で、プロポーズを成功させようとの考えの人も居ますが、大概の人は2人の中では結婚は決まってます。

 

それよりも、手紙で感動させて、その時は婚約指輪はさりげなく渡しましょう。

結婚が決まり、2人の結婚準備が進むわけですが、ここも役割分担を決めて一緒に決めていく方が良いですね。

結婚準備が結婚生活を円満にするとても重要な共同作業なのです。

 

アトリエ花風里の提案する感動プロポーズは、その婚約指輪が新郎の手作りと新婦が知るのは披露宴や結婚式の二次会での事なのです。

 

渡す時は既に喜びに包まれています。それを敢えて時間差でプロポーズの記憶を呼び覚まし、感動の幸せの記憶を強く刻むのです。

手作りの指輪

市販の婚約指輪でここまで感動を焼き付ける事はありません。

 

結婚指輪も2人で作るには意味があるのです。

 

何千組もカップルを見てきて、いつまでも仲の良い2人に共通している事が、共有の時間での共同作業です。

 

共通の趣味を持つと良いとは言いますが、共通の趣味で出会ったのなら良いですが、同じ趣味でなくても非日常を意識するだけで良いのです。

 

いつも行く買い物も、隣町に行くとか、一緒に料理を作って、外で食べるとか・・・日常的に済ませてる事を、少しだけ非日常に向ければ良いのです。

 

月に1度でもこの様な事をお互いに意識するだけで、マンネリから抜けて新鮮な状態を保てるのです。この事を知っているからこその2人で作る手作り結婚指輪を提案しているのです。

結婚指輪を何故二人で手作りするのか?

 

結婚生活のパワーアイテムと考えるからに他なりません。

想いを込めて2人で手作りする事で、結婚生活に2人に荒波が襲ってきた時に、指輪を見る事で2人で乗り越えるパワーに変える為です。

 

安さや流行りでお客様を呼ぶことはありません。

2人が幸せになる事を願っての事業スタートがその基本だからです。

将来的な事まで考えるからこその手作り指輪になって欲しいですね。

 

アトリエ花風里‐hanafuri-

東京都中央区日本橋馬喰町2-6-2 2F

tel & fax 03-3661-6494

 

★JR総武線 浅草橋駅 徒歩3分

千葉・船橋 / 新宿・八王子 方面

 

★都営浅草線 浅草橋駅(京急線 / 京成線 接続)徒歩3分

横須賀・横浜・川崎 / 船橋・成田 方面

 

★JR総武線快速線 馬喰町駅 徒歩3分

横須賀・横浜 / 船橋・千葉 方面

 

★都営新宿線 馬喰横山駅 徒歩8分

橋本・新宿 / 住吉・八幡 方面

みっちゃまん

投稿者: みっちゃまん

アトリエ花風里店主、社会事業プランナー。 様々な業界や社会の縦割りな考えに疑問を感じ「既成概念を破壊する」をテーマに活動しています。 主事業のブライダル事業、宝飾事業の古い考え方から時代に合った仕組みを提案しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントが送信出来ない時は、自動的にスパム判定されている可能性があります。内容を修正して再度お試しください。