結婚指輪を交換する3つの意味

2016.05.26
みっちゃまん
結婚指輪の交換

結婚式を控え、気に入った結婚指輪を見つけようとしているお2人は、指輪を交換する本当の意味をご存じですか?

結婚している証だから‥‥。

至極当たり前ですが、多くの人はこのように考えているのではないでしょうか。

 

もちろん結婚の証という意味があることは、説明するまでもありませんが、実は、これだけではありません。

あまり知られていませんが、結婚指輪にはもっと深い意味があるのです。

 

その意味とは、

1:既婚者であることを周囲に知ってもらう

2:2人の心と心を永遠に結びつける

3:困難に遭遇したときのパワーアイテム

 

結婚指輪にこのような意味が含まれているとは驚きですが、意味をよく理解した上で、自分たちに相応しい結婚指輪を見つけてくださいね。

とかくデザインや価格に目を奪われがちですが、何よりも大切なのは、自分たちに幸せをもたらしてくれる指輪を見つけることだと思うのです。

 

1:既婚者であることを周囲に知ってもらう

普段は結婚指輪をはめている既婚者が、遊びに行くときに限ってワザワザ指輪をはずしてから出かける人がいるようです。

既婚者であることを隠して何を企んでいるのかしら?

 

結婚指輪の最も重要な意味は、周囲の人びとに自分が既婚者であることを知らしめることです。

異性に対して過度な期待をいだかせないようにすることで、自分たち夫婦が余計なトラブルに巻き込まれるのを避けることができます。

最も簡単な夫婦円満の秘訣かもしれませんね。

指輪交換

 

2:2人の心と心を永遠に結びつける

結婚指輪を左手の薬指にはめることは広く知られていますが、その理由をご存知ですか?

その起源は、古代ギリシャ時代にさかのぼります。

当時、人の心は心臓の中にあると信じられていました。

そして左手の薬指が太い血管によって心臓と繋がっていて、一番心臓(心)に近い存在と考えられていたのです。

一方途切れないリング(指輪)は、「永遠」と「輪廻」の象徴でした。

愛し合う男女が互いの左手の薬指に指輪をはめることで、2人の心と心が繋がり、永遠に愛が続くと信じられていたのです。

生涯を誓い合った2人が同じ結婚指輪を左手の薬指にはめるのは、このような古代ギリシャ時代からの言い伝えが起源なのです。

とてもロマンティックなお話しですよね。

結婚指輪は、古代ギリシャの時代から愛し合う2人の心と心を永遠に結びつけるものだったのです。

 

3:困難に遭遇したときのパワーアイテム

結婚生活が始まり、楽しく暮らしている間は問題ありませんが、生活に慣れてくると、望まなくても思わぬトラブルに遭遇します。

 

新婚当初は、互いに気を遣い合っていても、時が経つうちにだんだんと我が儘になってしまうものです。

金銭感覚、食事の好み、子供のしつけに対する考え方など、ほんの些細なことなのですが、意見が分かれて言い争ったりします。

 

些細な言い争いですめば良いのですが、こじれたり、大きな問題に発展したりして、どうすることもできない苦難が2人に降りかかってくることもあります。

 

このようなとき、2人の心と心を永遠に結びつけた結婚指輪が、2人に困難を乗り越えることのできる力を授けてくれるのです。まさに困難に遭遇したときのパワーアイテムになるのです。

 

例えば、些細なことで言い争いをしてしまったとき、自分1人になって左手の薬指にはまった結婚指輪を見つめると、喧嘩をした相手も同じ指輪が薬指にあること思い出されます。

2人の心と心を永遠に結びつけた結婚指輪なのです。きっと相手の気持ちを推し量り、仲直りのきっかけを見つけることができるでしょう。

 

大きな困難が降りかかってきたときは、互いの指輪と指輪を合わせてパワーを倍増させて、困難を乗り越えるのです。

互いに信頼して力を合わせれば、どんな困難でも2人で乗り越えられるはずです。

 

私たちアトリエ花風里では、お2人で手作りの結婚指輪をお作りすることをお勧めしています。

 

世界に1つしかないオリジナルの結婚指輪を2人で協力して作り上げるのです。既製品では味わえない2人だけの感動があります。

 

楽しいことを2人で共有することで、楽しさが2倍に増え、苦しいことを2人で共有することで苦しさを半減させる‥‥。

健やかなるときも病めるときも、いつも2人で一緒に過ごすのが、結婚というものではないでしょうか。

 

結婚指輪の3つ意味、おわかりいただけましたか?

 

結婚指輪は、既婚者であることを周囲に知ってもらい、2人の心と心を永遠に結びつけ、困難に遭遇したとき、それを乗り越えるためのパワーアイテムという役割を果たしてくれているのです。

 

私たちアトリエ花風里は、結婚を控えたお2人が、自分たちに相応しい結婚指輪を選ばれることを願い、そのお手伝いをさせていただければ、大変うれしく思います。

 

アトリエ花風里‐hanafuri-

東京都中央区日本橋馬喰町2-6-2 2F

tel & fax 03-3661-6494

 

★JR総武線 浅草橋駅 徒歩3分

千葉・船橋 / 新宿・八王子 方面

 

★都営浅草線 浅草橋駅(京急線 / 京成線 接続)徒歩3分

横須賀・横浜・川崎 / 船橋・成田 方面

 

★JR総武線快速線 馬喰町駅 徒歩3分

横須賀・横浜 / 船橋・千葉 方面

 

★都営新宿線 馬喰横山駅 徒歩8分

橋本・新宿 / 住吉・八幡 方面

みっちゃまん

投稿者: みっちゃまん

アトリエ花風里店主、社会事業プランナー。 様々な業界や社会の縦割りな考えに疑問を感じ「既成概念を破壊する」をテーマに活動しています。 主事業のブライダル事業、宝飾事業の古い考え方から時代に合った仕組みを提案しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントが送信出来ない時は、自動的にスパム判定されている可能性があります。内容を修正して再度お試しください。