羨ましいほどラブラブな夫婦に共通する3つの特徴

2016.12.07
みっちゃまん
連れそう夫婦

仲良く手を繋いで歩いているご夫婦の姿を見かけると、とても微笑ましいですよね。特にご年配のご夫婦ですと、素敵に齢を重ねられたのだと、羨ましくなります。

そんな羨ましいほどのラブラブなご夫婦に共通する特徴を探ってみましょう。

1:お互いに理解し合い、思いやっている

2:夫婦の会話を大切している

3:いつも感謝の気持ちを表わしている

 

そろそろ結婚を考えている若いカップルの皆さんは、ぜひ参考にしてくださいね。

 

1:お互いに理解し合い、思いやっている

結婚当初は、相手のすべてを理解していると思っていても、時の経過とともに、悪いところが気になり始め、次第にそれが許せなくなることがよくあります。

心変わりしたわけでもないのに‥‥。今でも愛しているのに‥‥。なぜ‥‥?

恋は盲目(もうもく)」という言葉があります。「恋」という漢字は、下に「心」がありますので、下心から始まるといわれています。つまり相手に対する願望や欲望に駆られることが多いと考えるのです。相手の良いところだけを好きになって、悪いところが見えない状態だと思うのです。

恋は、時間とともに愛に育っていきます。「愛」という漢字は、真ん中に「心」がありますので、真心から始まるといわれています。真心は、相手を思いやる心です。愛とは、相手の良いところも悪いとこともひっくるめて好きなり、すべてを受け入れることだと思うのです。

相手の悪いところだけが気になり、それが許せなくなるのは、まだ恋の段階で、愛まで育ってないのではないでしょうか。

 

そもそも相手のことを100%理解しようとしても、それは無理なことなのです。夫婦といっても、元はまったくの他人で、しかも異性ですから。相手のすべてではなく、大部分を理解し、ぴったり寄り添わずに少し距離を置くことも大切だと考えるのです。

夫婦といえども、お互いに自分だけの領域があるはずです。その領域に、たとえ夫や妻であったとしても土足で踏み込むことは許されません。お互いに束縛や干渉をしないことも、思いやることではないでしょうか。

公園のカップル

2:夫婦の会話を大切している

至極当たり前のことですが、夫婦円満には、会話をして意思を疎通させることが重要な要素になります。

会話の内容は何でも構いません。話すことがなければ、今日あったことや近所の噂話でもいいのです。いつも夫婦で会話をすることが大切なのです。

男性からすれば女性のたわいもない会話と思いがちですが、たまには聞いてあげる事も女性のストレスを和らげる手段の一つだと思うのです。

逆も然りですね。

長く生きていると色々なトラブルが起こります。そんなとき、1人で悩んだりせずに相手に相談することが最も簡単な解決方法でもあるのです。

 

夫婦でゆっくりと会話するためにも、2人だけの時間を作ることが必要です。

それには、デートが最適ですね。月に1度は夫婦でデートすることをお勧めしますよ。「仕事や家事が忙しいから」「小さな子どもがいるから」などといって、言い訳をしてはいけませんね。時間は、作り出すものです。努力を惜しまず、ほんの短い時間でも2人だけの時間を作ることが重要だと思いますよ。

そしてたまには、喧嘩をしても、いいのではないでしょうか?

お互いに本音を言い合える関係が大切です。2人の価値観の違いからぶつかることもあります。そのときは、お互いに自分の悪いところを曝け出して、腹を割って話し合ってこそ、2人の絆は深まるものです。

 

3:いつも感謝の気持ちを表わしている

夫婦の間では、言葉に出さなくても、相手がわかってくれているって思っている人、いませんか?

それはまったくの幻想です。

夫婦生活が長くなると、あえて口に出さなくても、当然のように相手がわかってくれるだろうと勝手に思い込んでいる人が案外多いのです。これは、まさに夫婦の危機といっていいのではないでしょうか。相手が何を考えているのかなんて、本当のことは誰にもわかりません。言いたいことは、しっかりと言葉して相手に伝えなければなりません。

夫婦に限りませんが、親子や兄弟、友人同士の親しい間柄でも、感謝する気持ちを表わして、相手に伝えることが大切です。「ありがとう」とひと言口に出すだけで、感謝の気持ちが相手に伝わるのです。

普段の生活から、たとえ些細なことでも、相手が自分のために何かしてくれれば、その場で素直に感謝の意を「ありがとう」という言葉にして相手に伝えることが、夫婦にとって何よりも大切なことなのです。

「ありがとう」以外にも、「ごめんなさい」「大好き!」「愛している!」など、長く一緒にいれば言わなくなる言葉をしっかり口に出して相手に伝えるようにしましょうね!

 

感謝の気持ちを言葉だけではなく、形に表そう!

男性から女性に対して、感謝の気持ちを表わす良い方法があります。

それは、結婚記念日やお誕生日のメモリアルに、手作りの指輪をプレゼントすることです。

アトリエ花風里では、男性が時間をかけて、愛する人のために心を込めて世界に1つしかないオリジナルの指輪を手作りすることをお勧めしています。

メモリアルの当日、「ありがとう」の言葉と一緒に、感謝の気持ちを形にした手作りの指輪をプレゼントしてはいかがです?

私たちアトリエ花風里に、そのお手伝いをさせていただければ、大変うれしく思います。

 

アトリエ花風里‐hanafuri-

東京都中央区日本橋馬喰町2-6-2 2F

tel & fax 03-3661-6494

 

★JR総武線 浅草橋駅 徒歩3分

千葉・船橋 / 新宿・八王子 方面

 

★都営浅草線 浅草橋駅(京急線 / 京成線 接続)徒歩3分

横須賀・横浜・川崎 / 船橋・成田 方面

 

★JR総武線快速線 馬喰町駅 徒歩3分

横須賀・横浜 / 船橋・千葉 方面

 

★都営新宿線 馬喰横山駅 徒歩8分

橋本・新宿 / 住吉・八幡 方面

 

みっちゃまん

投稿者: みっちゃまん

アトリエ花風里店主、社会事業プランナー。 様々な業界や社会の縦割りな考えに疑問を感じ「既成概念を破壊する」をテーマに活動しています。 主事業のブライダル事業、宝飾事業の古い考え方から時代に合った仕組みを提案しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントが送信出来ない時は、自動的にスパム判定されている可能性があります。内容を修正して再度お試しください。