鍛造が傷付かないって本当?:ユーチューブ動画

2019.07.19
みっちゃまん
ユーチューブ動画 鍛造は傷付かないって本当?

傷付かない指輪と云った理由から鍛造の結婚指輪が人気ですが。

日常生活の中では普通に傷はつきます。

販売者は鋳造製品と比べるところが大半ですが、鋳造と比べると確かに金属の硬度は若干硬いですが、日常生活には鍛造の硬度より硬いモノが沢山存在します。

昔の宝飾業界では、刀鍛冶の作る工法(金属を赤くなるまで熱し、冷めていく過程で叩いて分子を締めていく手法)を鍛造と呼んでいましたが、現在の宝飾業界では金属の硬さビッカース硬度HV200を超える?前後のモノを鍛造と呼ぶようになりました。

その結果、昔は単純な形状しか作れなかったモノが複雑な形状まで作れるようになりましたが、これらの多くは溶湯鍛造やプレスという機械を用いた工法で、私の様に古い宝飾業界のに人間には、とても鍛造と呼べるものではありません。

それなのに鍛造をとても大きな付加価値の様に謳った販売価格はとても納得のいくモノではありません。

鍛造の指輪が傷付きづらいから良いと考えてる人にはキチンと知って頂きたい情報です。

手作り指輪チャンネル」では、結婚準備に入る人達や結婚指輪を準備しよう、手作り指輪を検討しようと考えてる人達にとって、役に立つ情報を流していきます。

参考にして、結婚準備を2人で楽しんで下さいね。

チャンネル登録宜しくお願いします。

みっちゃまん

投稿者: みっちゃまん

アトリエ花風里店主、社会事業プランナー。 様々な業界や社会の縦割りな考えに疑問を感じ「既成概念を破壊する」をテーマに活動しています。 主事業のブライダル事業、宝飾事業の古い考え方から時代に合った仕組みを提案しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントが送信出来ない時は、自動的にスパム判定されている可能性があります。内容を修正して再度お試しください。