2人だけのオリジナルデザイン
東京浅草橋 手作り結婚指輪・婚約指輪のアトリエ花風里

電話受付時間:10:00~20:00 不定休・完全予約制

2人だけのオリジナルデザイン
東京浅草橋 手作り結婚指輪・婚約指輪のアトリエ花風里

MENU

お客様の声

婚約指輪・結婚指輪を制作された幸坂さま夫妻

婚約指輪・結婚指輪を制作された幸坂さま夫妻

Q.花風里で指輪を作ることにした理由はなんですか?

奥さま
結婚前にペアリングを持っていたんですけど、汚れてしまったんです。シルバーに青いラインが入った指輪だったんですけど、生活の中でずっと着けていたら茶色く変色してしまいまして。「ちょっとこれを着けるのは恥ずかしいな」と思っていたので、いい指輪を探し始めたんです。

ちょうどそんなときに金沢に旅行へ行くことになったので、「金沢で何か作れないかな、職人の町だし」と思いました。

奥さま
色々探していたら偶然、花風里さんのホームページを見つけて、電話をしました。オーナーから、「もし金沢に行く用事があれば対応できますよ」、という話をもらって、旅行の日にちとオーナーのタイミングがピッタリと合ったので対応していただきました。

まずはカップル用のプレエンゲージメントリング(プロポーズ用の指輪)をそこで作ったのがきっかけです。

Q.花風里で指輪を作る前にどんな不安や問題がありましたか?

奥さま
友達の指輪を色々見ていたんですが、自分で作るっていっても、叩いて伸ばしたようなものとか、みんな似たようなデザインになってしまうのがすごく嫌で、だったら自分たちで作って、人と違うデザインでって考えたときに、花風里さんと金沢での出会いがありました。

まずプレエンゲージメントリングを作ったら、主人がその後気に入っちゃいまして。「婚約指輪と結婚指輪も全部花風里さんで作ろう」ということになったんですよ。

指輪ってすごく長い期間着けるものじゃないですか。「失敗したらどうしようかな」「それをずっと着けるのか」みたいな不安はありましたね。

旦那さま
金沢でプレエンゲージメントリングを作っていたので、「こういうものだ」というのはわかっていたんですけど。

※横浜にも花風里の支店があります

奥さま
金沢に行くときにホームページを見て「こういう風に作るんだ」とだいたいわかったんですけど、当時私が学生だったので「予算は大丈夫かな」とか不安はありました。
旦那さま
電話したとき、オーナーも「結婚指輪」というイメージで考えていたと思うんですよ。「シルバーで作りたい」と話をしたので、「シルバーでも同じように作れるのか」とか、そういうわからないところが不安でしたね。「気軽に相談していいのかな?」とか
奥さま
聞きたいことを聞いちゃいけない、という雰囲気は無かったので、「あれはどうですか」「これはどうですか」という質問に全部答えてくれるので、行けば不安はすぐ無くなりました。

Q.ショップの指輪と比べたりはしなかったんですか?

奥さま
「結婚する」と決まった時、私は1人で勝手に指輪を見に行っていたんですよ(笑)。ブランドの指輪とか見たんですけど、何だかどれも一緒にしか見えなくて。カタログももらって主人にも見せたんですけど、あまり乗り気じゃなかったんですよね。
旦那さま
長く付き合っていくものなので、なるべく2人で関われるものがいいなと思ったので作りました。

Q.指輪ではなく他の記念品と比べたりしたんですか?

旦那さま
元々、指輪がいいなっていうのはありました。ペンダントだと仕事のときに着けづらいな、と思ったので。すぐ自分が見えるようなところにある「指輪」がいいかなと思っていました。

ちなみに仕事は会社員です。胸元にペンダントを着けていると上司の目もある感じの職場なので。

Q.最終的に花風里に決めた理由はなんですか?

「自分で素材を削って、太さを図って、文字を入れて……とか、
他のお店を見ても無かった」

旦那さま
「手作りである」というところと、「2人で一緒に制作できる」というところ。自分で素材を削って、太さを図って、文字を入れて……とか、他のお店を見ても無かったように記憶しています。指輪の内側に文字も自分たちで彫れる、っていうところが今までイメージとして無かったので、そこが違うなと思いました。

話を聞いて、「2人でやる」というところにとても重きを置いているお店なんだなと思い、そこが決め手になりました。

オーナーとも1度お会いしていて、人柄や花風里さんのコンセプトにすごく共感していたのもあります。

奥さま
「作っている所を映像に残せる」というのを無料でやってもらえるのが嬉しかったす。他にはないサービスかなって思いました。思い出に残したかったので。

Q.どんな指輪を制作されたんですか?

旦那さま
婚約指輪は、ダイヤモンドを使うということは考えていたんですけど、普段使いもしてほしかったので、立爪ではなく引っ掛かりも少ないデザインにしました。付き合って3年目ということなので、ダイヤモンドとブルーの石で3つになるデザインにしました。
オーナー
一般的な婚約指輪は石を目立たせるためにリング部分が細く、結婚指輪とは違って自分で文字を彫ることはできないのですが、幸坂さまのデザインは幅広だったので文字を刻むことができました。

Q.奥さまへどんな風に渡されたんですか?

旦那さま
ちょっとしたサプライズと言うか、冗談みたいな感じで「(某有名ブランド)の指輪を買ったよ」と伝えたんですよね。
奥さま
そうしたら、誕生日の午前0時、日が変わった瞬間にアラームが鳴ったんです。主人は隣でグーグーいびきをかいて寝ていたんですが、ムクッと起き上がって、ガサゴソとベッド脇の隙間に手を突っ込んで、指輪と手紙を「ハイ!」って渡してくれたんです。

でも、その有名ブランドのロゴが無い、白いケースだったので「これはどこのメーカーの?」って聞きました。

指輪の内側に見慣れた文字が彫ってあったので、「花風里で作った指輪だ」とすぐにわかりました。夜遅かったけど嬉しくって、すぐ両親に電話して「プロポーズされたよ!」って伝えました。

Q.結婚指輪はどんな指輪なんですか?

(結婚指輪の写真がほしい)

旦那さま
仙台の美容室のマスターが金の指輪をしていて、それが格好良かったので金色にしたいと考えていたんです。作るとき、妻は「四角いダイヤモンドを入れたい」と選んだのですが、それを見ていたら自分も入れたくなりました。オーナーに相談したら、「金と緑の色の相性が良い」っていうことだったので、自分の指輪にはエメラルドを入れてもらいました。
オーナー
ダイヤモンドのラウンド(丸い石)なら流通が多いので見つけやすいのですが、違う石で同じ大きさを用意するのはとても難しいので、リカットすることをイメージしてご提案いたしました。内側の2人で刻んだ文字もとても素敵でしたよ!
旦那さま
お互いのイニシャルを顔に見立てて、「いつまでも笑顔でいたい」という意味を込めました。元々、結婚指輪は “お互いのお守りのような存在” って考えてたので。だから「2人で作りたかった」っていうのもありますね。
奥さま
『結婚する時、プロポーズする時、何故ダイヤモンドを贈るのか?』など、オーナーの書かれていたブログをめちゃくちゃ読みました。そこで結婚指輪の意味も改めて知ったんですが、まさに自分達が考えていた “お守りのような存在” っていうのにも近いと感じました。

Q.指輪を作って生活や心境にどんな変化がありましたか?

旦那さま
指輪を見るたびに、結婚してこれからも一緒に過ごしていくっていう想いを込めているので、仕事が大変なときでも「ここでやめたらうちの妻が食っていけなくなるぞ」とか思い出せるみたいな、そんなイメージですかね(笑)。

Q.指輪制作サービスの良いところは何でしたか?

「私たちだけの唯一無二のアイテム。お守りみたいなもの。
思い出が他で作るのと全然違います」

奥さま
私たちだけの唯一無二のアイテム。お守りみたいなもの。思い出が他で作るのと全然違います。他のショップにも見に行った時、店員さんの対応が事務的に見えちゃって、それも「嫌だな」って思って。花風里さんでオーナーや、オーナーの奥さんとお話ししたり、それを思い出したりとか。「お守りに加えて、2人の思い出を一緒に作っている」っていう感じがします。
旦那さま
「指輪」っていう物だけじゃなくて、そこに関わってくれた人だったり、自分たちの想いだったり、色んなものが詰まっているのがいいなって思いました。

Q.他の人にオススメするならどんな風にオススメしますか?

奥さま
友達で結婚した人もいるんですけど、思い出よりもブランドを重視している子もいるんですよね。例えば「ヨーロッパのすごい有名なところで作られた指輪がいい」とか。そういう考えの人よりも、「2人の思い出を大事にしている」、「お揃いのものを大事にしている」「気持ちを大事にしている」という2人には「こういうところがあるよ」と伝えていきたいなと思っています。
旦那さま
本当に期待に応えてくれるところだと思うので、作りたい指輪のイメージがある人にはオススメしたいです。
奥さま
価格の面でもおおよその予算があると思うんですよ。それを伝えたら、花風里さんは応じてくれると思うので、それも含めて相談したらいいんじゃないでしょうか。

Q.「この先こんな風になっていきたいな」という
将来のイメージはありますか?

旦那さま
将来子どもが、僕らの指輪を見て「なんなの?」って聞いてくると思うんですけど、「2人で協力して色んな人に助けてもらいながら作ったんだよ」っていう話をしたいと思っていまして。

将来子どもがパートナーを見つけるときに、「一緒に過ごす」ということはそれだけの「覚悟も必要」だし、「相手を思いやる心も必要なんだ」ってところを、伝えたいです。

この指輪を作った時の話とか、その前のプレエンゲージメントリングの話も含めて、2人で過ごしていく意味を確認したかったということもあったので、そういった話を子どもにはしたいと思っています。

それで、このインタビューの前に話していたのは、将来子どもができたときに、これまでは「2人のアイテム」って言って指輪を作ってきたんですけど、子どもが生まれたときに、家族がお互いを想いあえるような関係を作っていきたいなと思っています。目標とか、夢みたいな感じですね。

※インタビュー時期は2021年の3月なので、新型コロナウィルスが流行している時期です

奥さま
今度4月に子どもが生まれるんですけど、「生まれた記念みたいなものは作りたいね」って話をしてまして。ただ、コロナの流行もありますし、来週に臨月へは行っちゃうので、あまり遠くへ行くのは怖いなっていうのもあります。生まれて落ち着いたら、赤ちゃんをオーナーに見せに行きつつ、「何か生まれた記念品を作れればいいな」って思っています。

Q.10年後とかもっとその先のイメージはどうでしょう?

旦那さま
長くなるほどお互いに慣れちゃって無関心になるとか、っていうのがあると思うんですけど、うちの家族は長く一緒に居るほど今以上に仲良くなっていければいいなって思っています。

子どもが生まれたとか、結婚○周年とかでもいいんですけど、マイルストーンごとにアクセサリーを作るような。普段一緒にいて気付かないことでも、こういうものを一緒に作ることで色々話をすると思いますし、「こういうことを考えていたんだな」ってわかると思うので、家族で共同でやることを通じて確認しつつ、より距離を近づけていけたらいいなと思っています。

奥さま
一昨年うちのおじいちゃんが亡くなったんです。認知症で体力も落ちてしまって、「最後の最後に手を握ったのがおばあちゃんの手」だったんです。2人はとても仲良くて、80歳過ぎて近所を散歩するだけでも手をつないでいるっていう仲良し夫婦だったんです。

そういう風に、「80歳になっても手をつないで近所を歩くってことができる2人」はすごい素敵だなってずっと思っていて、「そういう夫婦になれたらいいな」というのはけっこう思っています。

Q.ありがとうございました。
最後に、これから指輪を選ぶカップルへ
自由にメッセージをお願いします

奥さま
指輪を選ぶとき、一ヵ所で決めないでほしいって思います。手作りでもブランドでもいいので、とにかく自分の目で見て、一生使っていくものなので、考えてほしいです。それが後悔しない選択かなって思います。
旦那さま
「一緒に何かしたい」っていう人がいれば、花風里さんで自分たちの指輪を手作りするのはすごくオススメです。「一緒に作る」など、そういうことを大事にする人はぜひ見に来てほしいと思います。

見学・相談指輪作りの無料相談

※完全予約制のため事前予約が必要です※

当店では、指輪制作に入る前に無料相談を行っております。

「初めてでもちゃんと一生ものの
キレイな指輪を作れるのかが心配」

「どのような指輪を作ればいいか
わからないので、イメージをつかみたい」

「どんな雰囲気の場所で作るのか、
アトリエを見てみたい」

このようなお声をお客さまからいただくことがあります。
今までたくさんのカップルから相談を受けてきました。

流れとしては、まずはご相談いただき、制作する指輪のデザインが決まってお見積りが出てからご来店となります。
まずはお気軽にこちらから無料相談にお申込みください。

アトリエ花風里の感染防止対策

店舗での感染対策

店舗は、東京都のガイドラインに沿い、新型コロナウィルス対策を行っております。

オンライン相談

感染対策のため、Zoomでの指輪の相談やお見積もりを実施しています。